結婚式のマナー、3 注意したいこと。

結婚式に出席できない場合、どのように返信するのか

結婚式の招待状に返信するのは、この場合残念ですが「欠席」ということになりそうです。ですが、そのままでは少しマナーに反します。
では、どうやれば礼儀作法にのっとったふるまいになるのでしょう。あなたはしっていますか。
それは、結婚式当日には、式場に祝電をうつなどして、二人に招待してくれたことに対する感謝の気持ちを述べるということです。
また、欠席の返信ハガキを送る場合は、出席のときとは違い、数日~一週間ほどの間をあけて出した方がよいでしょう。

結婚祝・・・・贈ったほうがよいのか?

欠席するときは、結婚の御祝を渡すことを忘れてはいけません。これも一つのマナーです。
普通は、お金、又は品物を結婚祝として送ります。金額的には一万円くらい、というのが妥当なところだといえます。
結婚式の一週間くらい前までに手元に届けるようにしましょう。吉日を選ぶことができれば、マナーとしてはベストです。

結婚式当日に急にいけなくなった場合のマナーとは??

万が一、結婚式当日に不都合がおきてしまい、結婚式に参加できなくなってしまったら、新郎新婦や、式場へと連絡をとります。なるべく早く、というよりも、すぐに行いましょう。
また、可能であれば会場への祝電だけでも贈りましょう。欠席のことはふれず、二人を祝福する内容にとどめます。後日、欠席のお詫びを忘れてはいけません。また、身内の不幸、弔事と重なって欠席するのであれば、仕事や出張などといった理由にして、弔事であることは伝えないようにするのが普通です。

Comments are closed.