結婚式のマナー5 こういうものは御祝には使用しないのがマナーです

結婚祝 品物・物品の場合のマナーとは?

結婚祝についてみてきましたが、結婚祝に品物を贈る場合のマナーについてお話いたします。まず、品物を贈る時期ですが、これは招待状を受け取ったあと、できるだけ早く、ということになります。
そして、贈る品物を購入したらお店にて結婚祝ののしがみをつけてもらうのを忘れないで。名前も記入します。水引は紅白結びきりです。

結婚祝の落とし穴

これらは結婚祝の品物としては不適当なので、見合わせておきます。
四という数字は不吉なので、四個セットのカップ、食器などは嫌われる。

切れる、という言葉を連想させる刃物類やはさみなどは嫌われる。

壊れるというイメージを連想させる陶器類やガラス製品は嫌われる。

Comments are closed.